FC2ブログ
2005.08.29

優勝に向けて(2)

実家に帰っていたため更新が滞っておりました。
TB&コメントを下さった方々、遅れてしまって申し訳ありません。

と言うことで以前にやった「優勝に向けて」。意外に好評(嘘ですw)だったため今回も実施します。というより前回から行うつもりでした。今回は投手編です。

阪神の防御率はセ・リーグ1。両リーグをあわせるとロッテに次ぐ2位です。
まずは先発陣の低い防御率。
一番低いのは安藤。3,31で総合で言うと4位です。四球の少なさがすごいところです。無四球での勝利も2試合とコントロールが安定しています。
次に低いのがエース井川。8位の3,42です。阪神一の勝率の高さと奪三振を誇ります。開幕当初はメジャーの問題や連敗などでメディア等から散々に言われていましたが流石エース。しっかりと勝利に貢献しています。
そしてそのすぐ後ろについているのが福原。負け数の方が多いですが3,53と低いです。リーグワーストの敗北数です。彼が投げる試合は打線が援護できないと言われています。何故なんでしょうかね?
これからは規定投球回に達していない先発です。
まず下柳。最近二試合が自責点13でガクッと防御率が落ちましたが3,90。阪神2位の勝ち星を挙げています。夏バテなら早く治って欲しいです。
阪神一防御率の低い先発が杉山です。ただ被安打が多い気がします。そこを上手く切り抜けているんですけどね。まだ若いのでこれからも活躍して欲しいです。

これが阪神の先発の防御率の低さです。初めがしっかりしていればちゃんと後ろにも繋がります。
このままいけばかなり長くなりそうなのでまた次回に回したいと思います。次回は中継ぎ・抑えです。
スポンサーサイト




Posted at 22:10 | 野球 | COM(3) | TB(1) |