FC2ブログ
2005.08.22

優勝に向けて

ある番組で面白いことがやっていたのでそれを書きたいと思います。
阪神の事だったんですけど各打順が各打順でしっかりと働いていることだったんで。

まず1番の赤星ですが盗塁、得点がリーグトップです。これはつまり帰ってくるのが多いと言うことです。それが勝利に繋がってるって訳ですね。あと得点ベスト3は全て阪神の選手です。赤星、金本、シーツとなってます。
2番の鳥谷は何かでトップとなってるわけじゃないですが安打が多いです。これが赤星の帰塁を助けてるわけです。ここにも赤星、金本、シーツの3人は2,3,4と高いところにいます。
3番のシーツ。得点、安打数が3位で二塁打が1位です。つまり一気に得点圏に入ると言うことです。これは相手にとっては凄くやりにくいはずです。
そして4番金本。出塁率がトップの.433です。つまり4割の確率でランナーを進塁させるのです。そして打率2位、本塁打数3位、打点2位と一番3冠王に近いんです。これはどう見ても他の球団からすれば脅威です。
5番今岡は打点がダントツのトップ。2位以下を寄せ付けず圧倒的です。彼の前にランナーがいたらそれはほとんど帰るというわけです。そしてその前の安打数を見ればバンバン点が入ります。後は打線のつながりのみです。

今のところ阪神の打線に穴は見あたらないです。これが繋がればどこも寄せ付けないチームになるんですが・・・
あと、次回は投手編です。楽しみにしておいて下さい(笑)
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://mysterio.blog16.fc2.com/tb.php/56-45a1a48e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する